料理 会席 お品書き

  1. HOME
  2. お品書き
  3. 会席料理と懐石料理の違い

会席料理と懐石料理の違い日本料理の形式が一応整ったのは、室町時代の本膳料理と言われています。本膳料理は冠婚葬祭の場でしばしば見られましたが、献立、食べ方、服装などの堅苦しさから、時代的に一部の料理店を除き見受けられなくなりました。その中で日本料理の形式である『懐石料理』と『会席料理』に代わっていきました、どちらも「カイセキリョウリ」と読む同音のため間違われることも多いのですが近年以降は明確に区別されています。

懐石料理は、茶会の催でお茶をいただく前に出される簡単な料理です、お茶会に席で空腹のまま刺激の強いお茶を飲むことを避ける前に出され、お茶を美味しく味わう上で差し支えに無い程度の和食料理のコースです。八寸も白木や厚手の和紙を使います。一般的にご飯やお吸い物が出た後にお酒が出てきます。

会席料理は、お酒を楽しむ宴会で出される和食のフルコースです、本膳料理を簡素化されたものとして台頭したものが会席料理で、最初にお酒が出て最後にご飯となります。八寸には木皿を使います。1品づつ出される会席料理は流れがあり、概ねの流れがわかっていると、ビジネス会食やご接待の時にも役立つと思われます。

飯山 会席料理 お食事